木村 吉二郎 

(きむら きちじろう)

十枚目格行司

本名…西野昌宏
初土俵…平成5年夏場所
誕生日…昭和52年12月10日 (41歳)
出身地…東京都荒川区
血液型…A型



☆My Favorite☆

  食べ物…寿司   音楽…コブクロ   色…青
  動物…犬 ミニチュアダックスを飼っています 
  TV…クイズ番組 韓国ドラマ(歴史物)も好きです


  行司さんの中でも指折りの長身の吉二郎。
  お下がりの装束がないほどすらりとした体型ですが、
  意外なことに入門当時は小柄で160p程でした。
  
  土俵上での裁きの他、場内アナウンスを担当しています。
  現在は幕内土俵入り、横綱土俵入りもアナウンスしており、
  土俵入りでは次々上がる力士を原稿無しで呼んでいます。   
  場所中はNHKBSで装束姿を見ることが出来ます。
  アナウンス姿と併せて是非ご注目下さい。   


☆more more 吉二郎☆

Q.入門したいきさつを教えてください
A.先代の放駒親方と父が知り合いで、子供の頃から放駒部屋にお邪魔していました。
  自分自身は特に入門を考えていたわけではなかったのですが、
  中学3年生の進路を決める頃、父親に「行司になりなさい」と言われました。
  えっ俺高校は?と思いましたが、担任の先生とも知らない間に話がついていたんです(笑)。
  流されて気付いたら入門していたような感じでしたが、部屋の生活は楽しかったです。
  厳しいこともありましたが、同年代が多かったので毎日楽しく過ごすことが出来ました。


Q.土俵上での裁き、場内アナウンスをする上で心掛けていることを教えてください
A.どちらも進行の妨げにならないことを一番意識しています。
  土俵上では力士にぶつかるなどして取組の邪魔にならないように
  アナウンスでは、マイクトラブル等のハプニングにも適切に対応し、
  動きや流れを止めないことを心掛けています。
  土俵入りの際は花道横の放送席と連携し、万が一マイクが出なくなった場合もすぐに引継ぎが出来るようになっています。
  お茶の間で何万人もの方がご覧になっていますので、責任感を持ってアナウンスをしています。

Q.印象に残る出来事を教えてください
A.先代の放駒親方が理事長になったことです。
  数時間前まで一緒に仕事をしていたのですが、全く知りませんでした。
  帰宅し、テレビのニュースをつけところ親方の映像と共に理事長の文字が!
  驚いて飲み物をこぼしてしまいました…。

Q.ファンのみなさんへメッセージをお願いします
A.部屋が変わり、気持ちも新たに頑張りたいと思っています。
  芝田山部屋の力士ともども応援して頂けると有難いです。
  見掛けた時には気軽に声をかけて下さい(^^)


SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送